2013年08月20日

5つの要素を備えた経営者

仕事柄、色々な経営者とお会いし、お話しする機会が多いですが、

優秀な経営者としての必要な要素は何かと考えさせられる場面が多々あります。

上から目線のプライドが高い経営者、経営手法ばかりを語る経営者、

経営数字のみに固執する経営者、夢物語ばかりで現実を直視しない経営者、社員をモノとして扱う経営者。

人間が千差万別のように経営社のタイプも色々です。


私が考える本物の経営者は5つの要素を備える経営者だと思います。


1.過去の実績、現在の状況を素直に捉え、戦略の転換を勇気をもってできる。
  過去の成功体験にとらわれない。戦略ミスを素直に受け入れる



2.売上至上主義から利益重視主義に思想を変える。
  デフレ環境の中で売上のみを重視しないで、利益を確保する事を最重要に考える。



3.利益確保の為の経営改革施策を立案、実行する。
  営業戦略、営業構造の見直し、コスト競争に陥らない独自性製品の開発、変動費、固定費の低減。
  
4.私心の強い経営者ではなく、謙虚さをもつ経営者である。
  自分ではなく、人に助けてもらう思想を持つ。人の話を聞く、自分の考えを押し付けない。

  会社は自分のものではなく、従業員、株主、顧客、仕入先のものの認識が必要。



5.本物を見抜く力を身に付ける。
  適材を見抜き活用する、うわべの話にだまされない。



皆さんは本物の経営者の条件はどう思われますか?
posted by a-and-m at 18:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。