2013年01月23日

マネジメントのタイプ


前回マネジメントの語源を説明しましたが、今日はマネジメントのタイプを説明したいと思います。

最近のクライアント先を見ていると、トップダウンで部下に「やれと」指示だけをする上司と、部下と一緒に現場に入って、指示だけではなく、一緒に知恵をだす上司と、大きくふたパターンに分かれるような気がします。

優秀な部下の場合は、指示だけでも答えを、見つけるかもしれませんが、自分では答えを、見つけ出す事ができない部下も、沢山いると思います。


山本五十六の名言

「やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。」

「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。」

「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」

にあるように部下と一緒に考え、悩む上司の姿がマネジメント本質と思います。

皆さんのマネジメントのタイプはどうですか。

aandm1.jpg
http://amconsult.up.seesaa.net/
posted by a-and-m at 07:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。